なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「かけ(そば)+田舎そば太麺(100円)=390円」@雑賀屋の写真土曜の13時前に到着。極太のそばに興味を持って来店。お店は駅と駅の乗り換えの場所にあり、京成関屋駅が近い。店頭で立ち止まる人が多い中入店すると先客2人で、スペースがあった。券売機の掲題のボタンを連打し、一番右奥に陣取る。券を出して待っていると壁に「比内地鶏カレーライス」の文字が。券売機に中華そばであったと思ったが、カレーにも比内地鶏・・・セットにすればと思いつつ時間が流れていった。

出てきた一杯は、確かに田舎そば風でそして太い。きしめんの蕎麦仕立てのようにも見えるビジュアルである。食べてみると強いコシにつゆがしっかりと絡んで美味しい!ワシワシ食べるような食感で、風味はよくあるクオリティ。そばの個性が感じられ、蕎麦粉100%ではできない味わいではなかろうか。食べ進めると風味こそ見えなくなっていくが、独特の食感は変わらなかった。量的には普通といったところである。つゆは鰹と昆布の出汁が効いており、カエシは気持ち弱め。飲み進めてもさほど塩辛くない。出汁が効いているこのつゆがこのそばの味を引き出しているのだと思った。薬味は輪切りねぎのみで、鮮度があってつゆに馴染んで存在感があった。後半卓上の七味を使用。あっという間に食べてしまった。

これだけ太いそばはなかなか珍しく、そして食べ応えがあるのが素晴らしいと思った。このような業態のそば店で蕎麦粉比率を語ることはしなかったが、蕎麦粉比率が少ないこそこのようなクリエイティブなそばができるのだと思った。それに併せるつゆも出汁が効いておりそばに合っていた。プラス100円でこのそばは、食感こそ意見が分かれるかもしれないが、食べる価値がある一杯であった。次回はカレーのセットかなと思って退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。