なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「二色二枚盛り」@嵯峨谷 神保町店の写真2018/2/24。久しぶりの神保町。この界隈で日曜営業は助かる。13時頃入店。

値段からして立ち食い的な想像していたけど、店構えは安っぽくない。壁やメニューには木が使われており、高級感は少ないけど落ち着いていて外国人観光客にもお手軽でいいんじゃなかろうか。実際に一定数いた。

軽めに済ませたいけど足りないのは嫌なので二枚盛り。二枚二色盛りってのがあったので咄嗟にそっちを選んじゃったけど、二色と言っても麺じゃなくてつゆだろうな。

果たして通常と胡麻つゆの2種類来た。
通常のつけ汁は甘味がやや強めの既製品っぽい味。胡麻つゆは甘味が殆ど無くて、胡麻風味がマイルドな辛汁といったところ。
どちらも値段なりに十分なものだ。

そして麺。
後から知ったが十割だそうな。この値段で十割とは信じられん。本当なのか?予めわかっていたら感動ものだったかもしれん。
平打ちである。コシはやや弱め。冷水の締め具合が足りないと思われる。でも十割にしては十分なコシである。
私はやや固めで朴訥な食感が好きなので、この平打ち麺は好きだ。
香りは豊か。相変わらず蕎麦と小麦の香りの区別がつかぬ私であるが、香りは強かった。
うまい蕎麦である。

二枚だと量はそれなりにある。写真では多そうにも見えないが、つけ汁が並の味で飽きがくるため二色にしたのは正解だった。
550円で文句なしの満足感。素晴らしい。

蕎麦湯は頼むとポットで提供されるセルフ式。店が混み気味であまりゆっくりはできないが、体を温めるためにも頂く。

熱々だ!
やたら熱い。並のつけ汁も蕎麦湯で割って飲めばそれなりにうまかった。

天婦羅もうまいらしいので次の機会も楽しみだ。


おまけ。
15時頃に再びお店の前を通りかかったところ「重篤な機械の故障のため臨時閉店」と貼り紙が出ていた。
一体何が起きたんだろう!


おわり

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。