なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「春菊そば(400円)+追加春菊(100円)ネギ多め」@文殊 馬喰横山店の写真お昼を食べそびれて、午後のどこかで遅い昼食を摂ろうかと思っていた矢先、急遽、台東区にある事業所に出向くことになりました。そう言えば、先日、朝一に同所訪問の際には、立食いそばの路面店で朝からラーメンをいただいたばかりw この日は、15時半を回った辺りで、馬喰横山乗換えのタイミング。

数年前に実食したこともありますが、先日、麺友さんとのやり取りで話題に上ったコチラの存在がしっかり頭に残っていて、都営新宿線の改札を出たら、ごくごく自然に同店の券売機に吸い寄せられてしまいましたw この時間帯にしてキャパ10名程度の狭い店内には8人の先客。この改札脇という最高の立地だからか繁盛してますな~

やはり、増税のせいか、前回来た時より各メニュー20円値上がりしていて、春菊そばが400円。500円玉を券売機に投入して同メニューをポチった後、ふと目に留まった追加春菊100円のボタンw コイツを足してもちょうどワンコインかぁ~ 行っちゃえ! ということで、この日の遅い昼食メニューは、「春菊そば春菊ダブル(500円)」に決定w そばは生麺の都度茹でなので、多少時間がかかって我が一杯が高台より提供されました。

関東風のつゆに、ゆで太郎ほどではないけど割と細身のそばを合せた一杯の上に、外周こそさほど大きくはないけど、実に肉厚な春菊の天ぷらがドンと2個。やはり、壮観と言うか迫力がありますなw 腹が減ったぁ~ とっとといただきます。

春菊天の厚さですが、大口を開けてやっと囓りつくことが出来るくらいの肉厚さ。なんだけど、下場が漬かっていたつゆが熱々で、うっかり囓りつくと唇や舌を火傷しそうになります。で、ふーふー吹き冷ましながらそろりと歯を立てます。そばつゆは温いのは簡便してほしいけど、ここまでチンチンに熱くなくても良いのにねw 揚げ油に使っているゴマ油が芳ばしく漂い美味しい。

つゆは関東風の設計で、割と醤油感の立った仕様。この香りにやられるんですよねw 都営新宿線の本八幡寄り改札口周辺には、獲物を捕獲する触手が網を張るように醤油の香りが漂っていて、多くの人がこれに絡め取られて入店して来るんですw つゆは甘みも立ちすぎず、ほどほどで美味しい。そばは都度茹での細麺なので、ザクザクとした食感が保持されていてこれまた美味しい。

仕上は、いつものように唐辛子を投下して、ネギを絡めながらそばを啜りきり、つゆも全部行っちゃって食了。標準仕様のかき揚げやなす、そしてちょっと変わり種のほうれん草や岩のりなど、未食のトッピングにも大いに惹かれ、しばらくは同事業所訪問の際の楽しみが尽きない気持ちにさせてくれた一杯でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

コメント

まだコメントがありません。