なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「咖喱(カリー)つけ蕎麦 850円」@神田 つけ蕎麦 わびすけの写真平日の11時半過ぎに到着。久し振りに来るこの界隈のワンチャンスでこちらに来店。激辛と聞いているこちらのカリーつけ蕎麦が食べてみたかった。店頭まで来ると確かに「極み出汁 厳選スパイス」「激辛」と書かれた掲題のメニューがあり、券売機には330gとも書かれていた。券売機でそのボタンをプッシュし、一番奥の席に座る。結構狭いな・・・。そして券を渡して待つことにする。

出てきた蕎麦を受け取り自席で食べることにする。ビジュアル的には迫力のあるボリュームで、330g以上ではなかろうか。つけ汁はいかにもカレーという色合いで、大きな揚げ玉のようなモノが浮いているのが特徴的である。蕎麦は太い平麺で、そのまま食べてみるとガシッとした食感で、食べ応えがあって美味しい!蕎麦の風味もしっかりとある。蕎麦粉比率の高い蕎麦だと思った。ボリュームは330g以上ではなかろうか。この蕎麦をつけ汁につけて食べてみると、結構スパイスの効いたつけ汁で出汁がしっかりと見えて美味しいものの、塩分の強さが目立つ。辛さもしっかりとあり出汁もはっきりしているので、このしょっぱさは惜しい。フルにつけて食べると塩気が目立ち、半分程つけて食べるとカレー味や辛さが物足りないと思った。具材・薬味は蕎麦側に刻み海苔、つけ汁側に輪切りねぎ・鶏チャーシュー・大きな揚げ玉・白ゴマ。輪切りねぎはスープに合っていて美味しい。海苔は風味のあるクオリティ。チャーシューはしっかりとした食感に鶏の滋味があって、これも美味しい!大きな揚げ玉は鶏皮の天ぷらで、美味しいものの連続して食べると少しくどさが残った。白ゴマは風味として存在感があった。後半卓上の一味を投入。辛さがさらに強くなり、美味しく完食。蕎麦湯は受取口のカウンターにあり、持ってきて注ぐと塩気が中和されて美味しく飲むことができた。

確かにスパイシーなカレー味のつけ蕎麦であり辛さも強めで、それが力強い蕎麦に合っていると思った。蕎麦のボリュームは文句無しで、卓上の柚子胡椒やラー油もダイレクトにかけても美味しいのではなかろうか。これでつけ汁の塩分が強くなければ、もっと美味しく食べられると思った。素材の一つ一つに味のはっきり感があったが、それがお店の特徴なのかな。はっきりとした御礼の挨拶をいただき退店した。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。