なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「せりそば(根っこ入り・肉なし) 1100円」@泰明庵の写真土曜の13時半前に到着。この時期にしか食べられない根っこ入りのせりそばを目当てに来店。有名な小学校を右に見て小路に入ると多くの方の出入りがあるお店がこちらである。入店すると一階は満席で、二階に案内されるがこちらもほぼ満席。卓上にメニューは無く、皆壁に貼られてある数多の短冊からオーダーをしている。店員さんの腰の低い接客が特徴的である。予定通り掲題のメニューをオーダーして待つことにする。

出てきた一杯はセリの緑が鮮やかで、つゆの色と見事なコントラストを成していた。よく見るとチンゲン菜が入っているのが個性的に映った。つゆを飲んでみると、しょっぱめであるが、出汁とカエシがはっきりとしていて美味しい!鰹出汁がしっかりと効いており、カエシも強め。飲み進めるとせりの風味も味として移っているのがわかる。コクを感じさせる美味しいつゆである。蕎麦を食べてみると、適度の蕎麦の風味があって美味しいものの、少し軟らかい。食べ進めるとそれ以上柔らかくなる仕様ではないが、あまりコシが感じられない。ただつゆとの相性は良いからこの食感でいいのかなとも思った。そして量的には満足感があった。具材はせり・チンゲン菜・輪切りねぎ。せりは葉と茎の部分と根がたっぷりと入っており、葉と茎はさわやかさとほろ苦さがつゆと相俟って美味しい!これだけ量があるので、満足感がある。根は味も素晴らしいが食感がGOOD!独特のシャキシャキ感で止まらない感覚になった。チンゲン菜はアクセント的な役割。輪切りねぎは鮮度の良さが見えていた。

たっぷりのせりにボリュームのある蕎麦で満足感が得られる一杯で、せりはやはり根があったことで、食感と風味に強い満足感があった。それに合わせるつゆも味わいにしっかりとした輪郭があり、これでもう少し塩気が弱ければさらに美味しく感じられたと思った。蕎麦については軟らかめの食感がどうかと思ったが、温かい蕎麦ということもあって合っているようにも思えた。体の温まりを感じつつ退店した。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。