なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「もりそば(¥750)」@ひらそばの写真安曇野産蕎麦粉仕様

基本的には立喰そばばかりですが(汗)、たまには美味しいおそばでもと、コチラ「ひらそば」へ伺い、「もりそば」を頂いて参りました。

お店は大森山王。大森駅山王口から池上通りを池上方面へ。MEGAドン・キホーテ大森山王店の手前にあります。まだ数年した経っていない様な記憶でしたが、先人のレビューから既に5年経過しておりました。

お店に入ると8割ほどの客の入り、なかなか大盛況です。お一人様は、そのままカウンターに通され、紙シボが提供されます。本日はメニュー見ること無く「もりそば」をオーダーしましたが、後からメニュー見たら、お昼限定サービス品の「ミニ天丼セット」がお得でしたね... でも、後からお隣に配膳されたミニ天丼セットを見て納得です。おそばの量がもりそばに比較して1/3ほどしか盛られていないので、そばを食べたいなら、やはりサービスのセットじゃなく、単品で食べるのがイイですね。って事で正解です!w

さて「もりそば」。先ずはお蕎麦だけ頂くと、安曇野産蕎麦粉を使用と言うことで、打ち立てのおそばの様ですが、イマイチそばの香りが強くありません。もしかしたら花粉症の影響もちょっとあるかと思われますが、それ以上に自分は立喰そばメインの駄舌ですから、細かい味わいの違いが分からないのかも知れません(爆)

続いてそばつゆだけを頂きます。カツオのフレーバーはキッチリ、そしてカエシ加減は割とライトなそばつゆです。これが信州そばのフレーバーと言うことであれば、自分のベースラインは違うような気がします。個人的には布恒更科の様な濃ゆいパンチのあるそばつゆが好きですねぇ~ やはり繊細なそばの香り、カエシの味わいを頂くには、まだまだ青二才であることが痛感させられます。

わさびの効きも割とライトで、あっさり頂けた感じ。そばの量は申し分ないのですが、そばつゆが少なめに感じたのは、やはりこのライトなそばつゆで、浸けるのを下半分で頂くことが出来ない田舎者が故だと思われます。最後のそば湯は、そば湯のみで堪能。やはりそば湯のそばの香りもライトに感じました。完食完飲。ご馳走様でした。

個人的には信州そばではない別のおそばが自分の舌には合っているんだと思われるのですが、それが何そばなのかが未だに分からないでおります。まぁ、立喰そばで言えばゆで太郎が一番合っているんですが、きっとその時点でアウトなんだろうなぁ~(汗)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。