なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「天ぷら(¥450)」@立喰いそば はるなの写真味自慢浜川崎路麺

川崎は立喰路麺天国。まだまだ登録されていないお店もいっぱいあります。本日はコチラ「立喰いそば はるな」へ伺い、「天ぷら」を頂いて参りました。

場所は浜川崎から川崎へ向かう市電通り沿い。現在は市電(路面電車)は走っておりませんが、その昔の名残りが通りの名前だけに残っております。コチラのお店は、その市電が走っていた頃からありそうな雰囲気ですが、本当のところは分かりません。調べてみたら市電が走っていたのは半世紀以上前のことの様です。

お店に入るとカウンター一線。ダブル女将のフォーメーション。後で気が付いたのですが、実はもう1人の女将さんが裏で鍋をゴシゴシと洗っていたので、正しくはトリプル女将のフォーメーションでした。カウンターの上のメニューを凝視。店名を配する「はるな」もありますが、女将の何汁が入ってるか分からないので(汗)ひとまず無難に「天ぷら」頂くことにしました。

天ぷらは既にカウンターの上に揚げ置き。業務用の信州そばの箱が置かれております。瞬殺提供だったので、多分半生麺を使用されているんだろうと思われます。真っ黒いドンブリで提供されたため、おダシの色合いはちょっと分かりません。先ずはおダシを頂くと、それほどショッパでは無いですね。トリプル女将の愛情はそれほど深くない感じです。

おそばは田舎風と言う感じで、灰色掛かったそばですが、蕎麦の香りがすることはありません。天ぷらは野菜かき揚げと言う感じで、玉ねぎ、人参、春菊が入れられ、すっかりシナっておられます。小口切りの長ネギがシャリシャリとイイ感じの歯応えと甘みは、旬が故かと思われます。カウンターに置かれている七味を振ったら、出てきたのは一味でした。まぁ、イイんですけど。完食。おダシは7割ほど頂いて、ご馳走様でした!

自分が食事している間、1人の女将が外へ出ていって、入口の暖簾を引っ掛けるところの掃除されておりました。もう1人の残された女将が厨房にしゃがみこんで見えなくなったと思ったら、カチカチカチとライターでタバコに火をつけて紫煙を燻らせておりました。何とも平和な日曜日って感じです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。