なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「チーズそば440円」@富士見そば 1・2番線店の写真2019年春の青春18切符で良く大阪旅行の二日目、帰路の途中で利用しました。以前の利用と同じで、静岡駅で乗り換えの列車まで13分くらいあったので、その時間を利用しました。もしかしたら5年前と同じ時刻の列車だったかもしれません。

 在来線上りホームの東京より、進行方向の前の方にお店があります。カウンターのみの小さな店で、吹きさらしになっています。真冬などは寒そうです。寒空の中で食べる温かなそば・・・と思うと、ちょっと旅情感を掻き立てられます。18時半頃の乗り換えタイミングで、先客2名でした。店員さんはおばちゃんが1名だけでした。

 今回も注文は”チーズそば”です。以前は400円だったのですが、5年の歳月で10%値上げしていました。券売機で食券を買い、カウンターのおばちゃんに提出します。

 25秒で登場!

 おつゆ:おつゆは醤油が濃い色合いで、見た目の通り味も濃いです。色合いはまるで醤油ラーメンのようです。このお店はラーメンも扱っているので、まさか同じスープを使っているとか・・・・これは次回はラーメンを食べて比べて見なければなりません。

 麺:麺はゴワタイプでやや太麺でした。いわゆる普通の立ち食い駅そばの麺です。茹で時間短いので、茹で置きになります。麺量などもやや少なめで、どこまでも普通の駅そばの麺でした。

 具:ねぎ、揚げ玉、チーズなど。ねぎは青ネギが少しで、揚げ玉はそこそこな量が入っていました。チーズは小さくカットされたもので、吉野家で頼むチーズ牛丼のチーズと同じでした。食べてみるとおよそそばとは思えない不思議な味になります。ラーメンにチーズを入れたものとも似ていないし、普通のそばとは似ても似つかない味になります。この不思議な味、以前はへんてこだなーと思うだけでしたが、今回は「これはこれで十分美味い」と思えてしまいました。

 チーズは溶け残りがあり、どんぶりの底やレンゲに引っ付いていました。このメニュー、基本のそばよりも130円高く、決して安いとは思えない値段ですが、吉野家さんのチーズ豚丼450円と比べると、麺もおつゆも入ってこの値段ならば「こんなものかな」と思わせる値段かなとも思います。美味しいと思うかどうかは人それぞれかもしれませんが、個人的には結構美味しい・・・他の立ち食い系そばチェーン店でもメニューとして出して欲しい!と思いました。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

コメント

まだコメントがありません。