なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

国産食材、無添加にこだわったお店です。

国産食材を中心に、麺は国産小麦粉、国産スペルト小麦粉全粒粉、天然かんすい、自然卵を使った自家製麺です。チャーシューに使う肩ロースや、醤油なども国産の食材を使って無添加、無化調で作っております。

店名 麺匠 きくち
住所 〒135-0013 東京都江東区千田22-5 サンハイツ千田101
電話番号 03-6666-8628
営業時間 11:30〜15:00/18:00〜20:00
[土] 11:00〜15:00/18:00~21:00(土曜日夜営業は2017.8より)
[日] 11:00~15:00(2017.8より)
定休日 原則日曜
2017年8月より月曜日+第三火曜定休に変更
席数 カウンター7席、2人卓x3
喫煙 禁煙
最寄り駅
東京メトロ半蔵門線『住吉駅』(939m)
マップで周辺を見る
アクセス 住吉駅B1出口徒歩約10分
駐車場 駐車場なし
近隣にコインパーキングあり
ベビーカー ベビーカーでの入店OK
開店日 2016年7月24日
メニュー メニューの写真を見る

<ラーメン>
醤油ラーメン 800円
醤油ラーメン味玉入り 900円
チャーシュー麺 1,000円
チャーシュー麺味玉入り 1,1... 続きを見る

<ラーメン>
醤油ラーメン 800円
醤油ラーメン味玉入り 900円
チャーシュー麺 1,000円
チャーシュー麺味玉入り 1,100円
かけ醤油ラーメン 550円(平日限定)

<ワンタンメン>(15食限定)
ワンタンメン(チャーシュー無し) 800円
ワンタンメン味玉入り 900円
チャーシューワンタンメン(チャーシュー2枚) 1000円
チャーシューワンタンメン味玉入り 1100円

大盛り 100円

<サイドメニュー>
おつまみ三点盛り(味玉・チャーシュー・他1品) 500円
幻の卵かけご飯(留萌産) 300円
ライス 150円

<ドリンク>
中瓶ビール おつまみ付き(キリン・ハートランド)600円
ウーロン杯(トヨノカゼ 麦) 600円
ウーロン杯(黒木本店 芋) 600円
ウーロン茶 200円

<デザート>
手作りとろけるなめらかプリン 300円
元に戻す

備考

店主は賀乃屋@北上尾出身。修行先とは異なる味を提供。

店主は賀乃屋@北上尾出身。修行先とは異なる味を提供。
元に戻す

タグ 自家製麺無化調
外部リンク
お店からの
お知らせ
3月11日土曜日限定で菜彩鶏×天然ふぐ塩ラーメンを15食限定で提供いたします。
店鋪情報は正式のものではありませんので、間違っている場合もございます。ご了承の上ご利用下さい。
2016年7月20日登録 kait
2017年7月17日変更 mocopapa
-
レビュー件数 0
レビューユーザー数 0
平均点 0.000
総合順位  
スキ 1
30
100
このお店の情報をブログに貼る

このHTMLタグをブログに貼ると、お店の情報を掲載できます。

印刷用画面を表示

麺匠 きくちのレビューピックアップ

まだレビューが投稿されておりません。

麺匠 きくちのお店情報掲示板

2016年9月休業日など

9月休業日 9/4(日)、11日(日)、24日(土)、25日(日)
※9/17(土)・18日(日)・19日(月)の営業は
11時~15時、17:30~21:00になります。

【取材事項】

【取材事項】
店主は白河ラーメンの店で修行経験があるものの、
こちらの店では機械打ちの自家製麺だが
手打ち麺の技術も習得するために在籍したとか。
「麺匠きくち」のラーメンの味のベースとなるのは
あくまでもフレンチのシェフの経験がある
店主の父親がかつて「ラーメン屋台を始めたい」という
祖父母のためにレシピを考案したものを基に再構築しており、
白河ラーメンには一切影響は受けていないそう。
また「らーめんきくち 羽生 屋台」で検索すれば、
トラック屋台当時の味や営業模様が回顧できます。
屋台時代は石神本を始め多くのメディアにも取り上げられて
屋台でありながら早期完売した伝説を持つも
店主の体力やトラック故障を理由に惜しくも閉店。

化学調味料と魚介系不使用の「醤油ラーメン」のスープは
鶏のもみじや豚の背ガラ・ゲンコツなど
様々な部位と香味野菜で炊き上げた清湯醤油味。
厳選した醤油を使った醤油ダレの主張が強いため、
一般的なガラの2倍量を惜しげもなく使っており
スープが冷めると表層にコラーゲンの膜が張るほど濃厚に仕上げている。
(スープのとり方はブイヨンなどフレンチの手法は用いていない)
「醤油つけ麺」のスープはラーメンとは別仕込みでこちらも魚介系素材不使用。
白湯とまではいかないが、やや濁りとろみを付け
挽肉を加え生姜を強く効かせたスープでスープ割り可。

2日間熟成させる内麦100%の自家製麺はラーメンには中太麺(150g)、
つけ麺(250g・大360g)には太麺と使い分け、粉の配合や加水率も変えている。
また、つけ麺はラーメンより加水率が3%高く、茹で時間が8分と長い設定。
チャーシューは最近流行の真空や低温調理とかではなく、
味が入りやすいよう煮込んでいる。

もう少し落ち着いたら(3ヶ月後ぐらい)鶏そば風の「塩ラーメン」を
始める予定で、こちらは「醤油ラーメン」と違って
魚介系の本枯れ節や海老エキスを使用するそう。
また体制が整ったら昼の営業も始める模様。

店主の父親がカラメルから手掛ける自家製の「なめらかプリン」は、
オーガニックシュガーや天然バニラビーンズ使用により
上白糖やバニラエッセンスを使ったプリンと違って
素材由来により甘さが抑えられており、甘いものが苦手な方にも好評だとか。