なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 76.548点
最終レビュー日 2019年2月11日
1,402 835 0 3,079
レビュー 店舗 スキ いいね

「コロッケ(¥400)」@しぶそば あざみ野店の写真しぶそば制覇の道!

本日はコチラ「しぶそば あざみ野店」へ。しぶそば制覇の道。現在のところ全11店舗の内、これで7店舗制覇、63.6%の達成です!ところが残す店舗が手強い。コチラのお店のあるあざみ野より更にファーイースト。果たしてイケるんだろうか?

お店は田園都市線あざみ野駅構内。横浜市営地下鉄のブルーラインに乗り換えるために降り立ちました。ってか、横浜市営地下鉄って、東京都民からすると謎ですね。いったい何処走っているの?って感じです。

お店入口入って右手に券売機。もちろんPASMOが利用可能。「コロッケ」をセレクトして、ピッ!とSUICAで精算です。お店は半地下で、階段を降りて客席に。驚くことに横浜はお一人様女子率高いですね。2割くらいはお1人様女子です。スバラシス!w

さて「コロッケ」。大判ですねぇ~ ドンブリ半分ほどを覆っております。先ずはおダシを頂くと、甘めのカエシは、ある種のしぶそば品質。悪くないですが、ちょっと物足りない感は否めません。おそばは茹でたて、シャキシャキの歯応えは悪くありません。そばの香りは普通にしません。まぁ、それが立喰品質ですがw

ひたひたに浸したコロッケ。コロッケは揚げ置きですが、衣がおダシを吸ってイイ塩梅の熱々に。普通のじゃがいもコロッケはおダシと相まってイイ塩梅です。今日はいつもより多めに浸して行きます。するとすっかりグズグズになって、おダシのなかにバラバラと崩壊して行きます。おそばを頂いた後に、まるでお茶漬けの様に、コロッケの具材をサラサラと。完食完飲。ご馳走様でした!

しぶそば制覇。残すところは、市が尾、青葉台、長津田、中央林間。どこも行く理由の無いところばかりです(汗)いつになったら制覇できるのか?全く予想も出来ない状況です... そう言えばその昔しぶそば 大崎広小路店ってのもありましたね。自分のレビューしかあがっておりませんが、一瞬で撤退されました。東急線でも池上線沿線は商売的にはイケてないって事ですかね。分かるような気がしますw

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】どーんと尾の身の天ぷら(¥600)」@えきめんや 横浜店の写真京急沿線名店対決!

京浜急行電鉄(京急フードサービス)の運営する立喰駅そば「えきめんや」では、現在、京急沿線名店対決として、三崎まぐろ親父と富岡のお肉博士の対決が繰り広げられていると言う... かなりローカルなネタですw

と言うことで、その厳正なる審判員(非公式)として、コチラ「えきめんや 横浜店」へ伺い、これでイイのか公式メニュー名と思いながらホームページに掲載のメニュー名「どーんと尾の身の天ぷら」を頂いて参りました。

場所は京浜急行横浜駅。最初中央改札口通路ウロウロと探しておりましたが、お店が全然見つかりませんでした。なんとコチラのお店マイナーな北口改札内の通路にありました。如何に京浜急行電鉄が駅そばに力を入れていないことが分かります。

お店入口左右に券売機。もちろん券売機はPASMOも利用可能なので、SUICAでピピッと食券購入して、お店に入り、カウンターに食券提示して「そばで」と伝えます。オペレーションを見ていると、おそばは随時茹でているので、ある種茹でたて。まぁ、モーニングタイムは、ひっきりなしのお客さんが来るので、ゆで置きですが、茹でててです。ちなみに天ぷらはカウンターにしっかり、揚げ置かれておりました。

さて「どーんと尾の身の天ぷら」。マグロの尾の身の天ぷらがそばの上に3本横たわっております。尾の身は、よくマグロの競りでマグロの上にサンプルの様に輪切りのお肉が載せられてますが、正にそれです。尾びれの手前のお肉なので、一番筋肉質で美味しい部位だと言われております。

その昔、鯨漁師の友人宅で、市場には出回らない鯨の尾の身の刺身を頂いたことがありました。それはもう素晴らしい味わいでした。その価値を分からない青二才だったのでバクバク食べてしまいましたが、市場価格にすれば、もうどエライお値段だと思われますが、優しい目で見守ってくれた友人のご両親に感謝感謝感謝です。

先ずはおダシを頂くと、カツオのフレーバーはイイ塩梅。カエシ加減は甘めです。東京人にとっては物足りないかと思われますが、ハマの人たちには丁度イイ塩梅なのかも知れません。おそばの歯応えもイイ塩梅です。マグロの尾の身の天ぷらは、普通に豚肉食べている様な感じですね。おダシを吸った衣と相まって旨いです!肉肉しいです!これが3つも入っているのは嬉しいですね。まぁ、お値段も立喰価格じゃありませんがw もちろん完食完飲。ご馳走様でした!

続いて山形牛コンビーフモルタデッラ風カツを頂かなければイケませんね。

投稿(更新) | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「天ぷら(¥450)」@立喰いそば はるなの写真味自慢浜川崎路麺

川崎は立喰路麺天国。まだまだ登録されていないお店もいっぱいあります。本日はコチラ「立喰いそば はるな」へ伺い、「天ぷら」を頂いて参りました。

場所は浜川崎から川崎へ向かう市電通り沿い。現在は市電(路面電車)は走っておりませんが、その昔の名残りが通りの名前だけに残っております。コチラのお店は、その市電が走っていた頃からありそうな雰囲気ですが、本当のところは分かりません。調べてみたら市電が走っていたのは半世紀以上前のことの様です。

お店に入るとカウンター一線。ダブル女将のフォーメーション。後で気が付いたのですが、実はもう1人の女将さんが裏で鍋をゴシゴシと洗っていたので、正しくはトリプル女将のフォーメーションでした。カウンターの上のメニューを凝視。店名を配する「はるな」もありますが、女将の何汁が入ってるか分からないので(汗)ひとまず無難に「天ぷら」頂くことにしました。

天ぷらは既にカウンターの上に揚げ置き。業務用の信州そばの箱が置かれております。瞬殺提供だったので、多分半生麺を使用されているんだろうと思われます。真っ黒いドンブリで提供されたため、おダシの色合いはちょっと分かりません。先ずはおダシを頂くと、それほどショッパでは無いですね。トリプル女将の愛情はそれほど深くない感じです。

おそばは田舎風と言う感じで、灰色掛かったそばですが、蕎麦の香りがすることはありません。天ぷらは野菜かき揚げと言う感じで、玉ねぎ、人参、春菊が入れられ、すっかりシナっておられます。小口切りの長ネギがシャリシャリとイイ感じの歯応えと甘みは、旬が故かと思われます。カウンターに置かれている七味を振ったら、出てきたのは一味でした。まぁ、イイんですけど。完食。おダシは7割ほど頂いて、ご馳走様でした!

自分が食事している間、1人の女将が外へ出ていって、入口の暖簾を引っ掛けるところの掃除されておりました。もう1人の残された女将が厨房にしゃがみこんで見えなくなったと思ったら、カチカチカチとライターでタバコに火をつけて紫煙を燻らせておりました。何とも平和な日曜日って感じです。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ごぼう(¥360)+たまご(¥40)」@大年の写真下平間燻銀路麺

本日はコチラ「大年」へ伺い「ごぼう」と。ついついお店の雰囲気の良さに、エクストラで「たまご」を頂いて参りました。

場所は、川崎市幸区下平間。都内から第2京浜(国道1号)を南下し多摩川大橋を渡り、東芝小向事業所を眺めつつ、2つ目の信号の小向東芝町交差点を右折。その後道なりに幾つか交差点を通過してラーメンとん太 川崎小向店を越えた先、左手にお店はあります。

緑の暖簾に立喰そばの文字と屋号の大年が書かれております。暖簾をくぐりお店に入ると先客3、後客4と、たったカウンター7席しか無いお店なのに活況です(立喰ではありません)。駅からも離れており、不便な場所にありますが、人気の高さが伺えます。

お店はキレイなおばあちゃんの女将さん1人で切り盛り。ちょっと耳が遠いみたいなので、コールは大きな声だと良いでしょう。当初、あじの予定だったのですが、本日は売り切れとの事(お隣で食べているあじ丼がラストだったのか~、ウラヤマシス)。更には春菊を所望するも、これまた売り切れ。と、言うことで本日は「ごぼう」を頂くことにしました。

さて「ごぼう」。キャッシュオンデリバリーだと思って引き換えにお支払いしたのですが、他のお客さんを見ていると、みなさん後精算されてますね。かけ¥260でたまご¥320だったので、たまご単品は¥60なんだろうと思い、ごぼう¥360にプラス¥60で¥420支払うと¥400とのこと。たまご単品は¥40なんですね。お安いです!それも人気の理由の1つでしょう。

カウンターに置かれた一杯。おダシがなみなみ。カウンターに下ろすのは慎重にゆっくりとおダシをこぼさない様にそーっと。もちろん達人ですから一滴たりともこぼしませんでした!さて「ごぼう」。ごぼうの細い千切りの天ぷらは大きいですね。ドンブリ全体を覆います。先ずはおダシを頂くと、カツオ風味がイイ塩梅で旨いですねぇ~ カエシ加減もショッパ過ぎずイイ塩梅です。

おそばはストレート。生麺じゃないと思うのですが、生麺を思わせる食感。これはなかなか旨いじゃないですか。そばの香りは立喰に求めてはイケません。黄身が割れているのはご愛嬌。おそばに絡めて頂けば至福の時間。ごぼうは揚げ置きですが、パリッとした天ぷらがイイ塩梅。更にはおダシを吸ってシナっとした天ぷらもイイ塩梅。もちろん完食完飲。ご馳走様でした!

川崎は駅近辺のみならず、工場地域や住宅街にも立喰そば屋があるので楽しいですねぇ~ これからもまだまだ川崎の立喰そばを探し歩いて、食べてレビューして参りたいと思います。そしてコチラの優しい女将さんもまだまだ元気に頑張って頂きたいと思う次第です。再び、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【期間限定】肉舞茸(¥500)+かき揚げ(クーポン)」@ゆで太郎 川崎砂子店の写真〆ゆで太郎 2018@ゆで太郎システム

信越食品を〆たんですから、ゆで太郎システムも〆ておかなければイケませんよね。って余計な義務感に駆られコチラ「ゆで太郎 川崎砂子店」へ伺い「肉舞茸」を。更にはクーポンを利用して「かき揚げ」頂いて参りました。しかも!新春無料クーポンまでもゲットして2年越しのクーポンマシマシスパイラル。スバラシス!ちなみにクーポンのアイテムは前回と同じ。そして年も越したので、創業祭の応募券は無い普通のクーポンとなりました。店頭では年越しそばと海老天、かき揚げも売られております。さて「肉舞茸」、冷たいそばを温かいつゆで頂くもの。つゆはネギの甘味も相まって深みある味わいとなっております。豚バラ肉はタップリ、舞茸もプリタツでシャキシャキの歯応えもイイ塩梅。完食完飲。ご馳走様でした。

点数は、クーポン利用感謝ポイントとして!
パーフェクトゆで太リアンへの道はまだまだ遠い...
http://supleks.jp/community/view/3/thread/366

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 8件

「春菊天(¥340)」@金亀の写真色々朝そば模様!

本日はコチラ「金亀」へ伺い「春菊天」を頂いて参りました。入口右手に券売機。お店はカウンター一線のオールスタンディングで、女将さん1人で切り盛りです。春菊天の食券を提示すると「そば茹でますから5分お待ち下さい!」と生そばなんですね。スバラシス。さて「春菊天」。女将さんに呼ばれてカウンターで受け取ります。先ずはおダシを頂くと、おダシは市販のものの様で、ちょっと甘めのカエシ。鰹の風味は弱いです。生そばは流石の生そば。茹でたてシャキシャキでイイ塩梅の歯応え、春菊天は揚げ置きですが、パリッとした歯ごたえがイイ感じ。完食完飲。ご馳走様でした。後客は川崎仲見世通りの風俗店の黒服3人組。年末に向け呼び込みの立ち位置を確認し、延長率アップなど、熱い営業論を交わしてましたw

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「ちくわ天(¥400)」@ピカイチの写真キャッシュオンデリバリー殿町路麺

大師道をチャリで走っている時に見つけコチラ「ピカイチ」。どん八 殿町店跡地に居抜きでオープン。お店に入ると券売機は無く、キャッシュオンデリバリー。若き大将1人で切り盛り。各種天ぷらは既に揚がっておりレディ状態。本日は「ちくわ天」をお願いしました。おそばを茹でて、おダシを注ぎ、ショーケースに入れられた揚げ置きちくわ天をトッピングして配膳。さて「ちくわ天」。ハーフカットされたちくわの天ぷらは冷めておりゴワゴワ食感です。故におダシに浸します。おダシはライトでカエシも弱ければ鰹も弱く市販の濃縮おダシを希釈して出しているだけと言うことが分かります。おそばはコシ無く多分茹で置きかと。ちくわ天はおダシに浸してもゴワゴワ。いったいいつ揚げた?って感じ。完食。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「春菊天(¥350)」@立食そば かずみの写真ギャップ萌え

川崎をチャリっと走っている時に見つけたコチラ「立食そば かずみ」へ伺って参りました。外からはメニューも価格も見えません。まぁ、所詮立喰だからボッタクられることは無いだろうと入店。やる気無さ気な店主が一人で切り盛り。厨房内に置かれたテレビを見ております。お店は随分と衛生面に問題がありそうな感じですが、個人的には問題ありません。さて「春菊天」。受け取ったドンブリがちょっとザラつく、やはりそう言うお店ですねと期待値下げ↓。先ずはおダシを頂くと、何ですか!この鰹フレーバーの濃ゆいのは、旨いじゃないですか!期待sageだったので一気に評価upです。そばは半生麺。その割にはあまりポソポソ感も無く旨いです。春菊天も揚げ置きながら香ばしくて旨し!完食完飲。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「げそ(¥450)」@そば・うどん 四八の写真川崎大島路麺

チャリっと川崎を流している時に見つけたお店のコチラ「そば・うどん 四八」。春菊かげそを頂こうとお店に入ると、入口右手に揚げ物が入れられたガラスショーケース。春菊は置かれておりますが、げそはありません。と言う事は揚げたてチャンス?と「げそ」をオーダーしました。お店はキャッシュオンデリバリーで、店主一人で切り盛り。程なくして配膳。揚げたてのげそ天ぷらがピキピキと音を立てます。先ずはおダシを頂くとカエシ加減はややライト、そういう意味では鰹のフレーバーもややライト。カエシの酸味がイイ塩梅です。おそばは冷凍麺使用ですかね。エッヂが立っており悪くありません。何より良いのは揚げたてげそ。ぶりぶりの歯応えで、結構ボリュームのあるかき揚げは旨いです。完食完飲。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「【季節限定】肉汁きのこ(¥500)+おろし(クーポン)」@ゆで太郎 川崎砂子店の写真15周年創業祭無料クーポン、襷は繋がった!

15周年創業祭の第4弾が10/1からスタートと言うことですがコチラ「ゆで太郎 川崎砂子店」の店頭には、既にそののぼりがフライングで旗めておりました。と言うことで、第3弾から第4弾も切れ目なくクーポンゲットで、新たなるクーポンマシマシスパイラルのスタートです。でもきっと今回も踊らされないハズです(爆)本日は季節限定の「肉汁きのこ」に第3弾のクーポンを利用して「おろし」を頂きました。第4弾のクーポンを見ると「おろし」が消えて「そば大盛」になってました。そして海老天も1つになって、クーポンは7つになったんですね。そばつゆが濃ゆいので、おろしが丁度イイ塩梅です。舞茸、しめじがシャキシャキプリプリ。おそばも茹でたてシャキシャキ。変わらぬゆで太郎品質。完食完飲。ご馳走様でした!

点数は、クーポン利用感謝ポイントとして!
パーフェクトゆで太リアンへの道はまだまだ遠い...
http://supleks.jp/community/view/3/thread/366

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 8件