なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

あかいら!

男性 - 東京都

東京都城南エリアのレポート! ラーメンデータベースを中心に、オールラウンドで活動中。最近は、「うどんデータベース」「そばデータベース」にもボチボチレポートを上げております。もっぱら立喰専門ですが...(汗) Profile Image: Copyright (c) 2015 d'Holbachie-Yoko All rights reserved.

平均点 76.563点
最終レビュー日 2019年10月16日
1,484 893 0 3,401
レビュー 店舗 スキ いいね

「たぬき(¥350)」@小諸そば 芝浦店の写真値上げなし?!

本日はコチラ「小諸そば 芝浦店」へ。東京三大立喰そばフランチャイズ(諸説あります)の増税後の定点観測として伺って参りました。

券売機の前に立ち、値段を見てみると「あれっ?価格変わっていない?」。まぁ、小諸そばは2018年に価格改定されておりますから、その際に増税も見越して対応されていたんですかね?まぁ、それでも三大立喰そばで一番お安い価格での提供となっておりますが。

さて「たぬき」。セルフでネギを投入して写真撮影。その後タップリと柚子七味も振って頂きます。価格も変わらなければ、おダシ、おそばの品質も変わらない間違いなしの小諸品質。揚げ玉がしっとりして、なかなかおダシを吸わないところも、ある種安定ですかねw タップリネギを投入させて頂いたので、ネギを残して完食とは言えません。と言うことでおダシも完飲で完食、ご馳走様でした!

小諸そばを運営する株式会社三ッ和は、食品卸やケータリングが主戦場ですから、ある種立喰そば業はアンテナショップ的なマーケティング目的メインなんですかね?まぁ、最近は、小諸そばの名前隠してフラッグシップなそば店蕎麦きり みよた蕎麦きり みまきを展開して成功を収められておりますが...(大成功していると思っていたら同業態の蕎麦きり みさかは閉店されておりました... なかなか難しいですね)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 2件

「春菊天(¥440)」@名代 富士そば 京急蒲田店の写真かけ¥10アップ、種物¥10アップ

本日はコチラ「名代 富士そば 京急蒲田店」へ、増税後の定点観測として伺い、定番の「春菊天」を頂いて参りました。

お店は京急蒲田商店街「あすと」の入口。京急蒲田駅に一番近い場所と言う、最高の立地にあります。と言っても、京急蒲田にはその他の大手立喰そばフランチャイズ店は無いので、まぁ、一人横綱相撲と言った感じですが。

富士そばの増税対応は、かけで¥10アップ。種物で¥10アップと言う感じですかね。故に春菊天は¥20アップと言うところです。その他のフランチャイズ店と同じ様な便乗値上げと言う感じですかね。都の最低賃金も上がっておりますから、順当な値上げだとは思われますが...

食券を提示すると、「今、おそばを茹でますから、少々お時間頂きます!」と茹でたてオファーが嬉しいですね。程なくして番号で呼ばれますので、カウンターに取りに行きます。

さて「春菊天」。揚げ置き天ぷらは変わらぬ富士そば品質。春菊がタップリと入れられててイイ塩梅ですね。おダシも変わらぬ富士そば品質。セントラルキッチンで作られたおダシを温めて提供するだけなので、ワールドワイドで均一の品質です。おそばは茹でたてなのでシャキシャキの歯応え、もちろん完食。おダシは半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 3件

「人参ごぼう天(¥400)」@大和屋の写真そば、うどん、¥20アップ!

本日はコチラ「大和屋」へ、増税後初の定点観測です。店頭に立看板が出ており、「増税により、そば、うどん¥20値上げ」の表示がありました。大将曰くは製麺所の値上げよるものだとか... まぁ、致し方なしですよね。本日は「人参ごぼう天」を頂いて参りました。

余談ですが、カレーライスは値上げされておりません。つまりは製麺所が値上げしたから、そば・うどんは値上げせざるを得なかったことの証ですね。でも近所の六文そば 中延店は値上げをされていないことを鑑みると(少なくとも看板は変わっていなかった)、ちょっと客足は遠のいてしまいますかね?何れにしても致し方ない事です。

さて「人参ごぼう天」。人参とごぼうを短冊切りにしたかき揚げです。天ぷらは揚げ置きなので、シナシナ。おダシを浸して頂きます。おダシか変わらぬ中延ダークマター。暗黒汁ですが、カエシ加減はイイ塩梅です。旨いです。おそばは¥20アップになってものの、変わらぬ半生麺。モソモソ感は健在です。もちろん完食。おダシは半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 16件

「朝そば(玉子)(¥360)」@ゆで太郎 芝浦4丁目店の写真便乗値上げ...orz

本日はコチラ「ゆで太郎 芝浦4丁目店」へ伺い「朝そば(玉子)」を頂いて参りました。今回は無料クーポンの襷リレーに失敗してしまいました...(涙)

増税後、初ゆで太郎なのですが、ベースの「かけ」が¥20値上げとなっておりました。更にはこの「朝そば(玉子)」に関しては¥30も値上げとなっております。しっかりと便乗値上げされておりますね... 他のフランチャイズ店(小諸そばや富士そばなど)も確認しないとイケませんね。

さて「朝そば(玉子)」。値上げになっても変わらぬゆで太郎品質。おそば、おダシは変わらぬ旨さ。しかしながら¥30分楽しめないのが正直な所です... タップリとスリゴマ、一味を投入して、もちろん完食完飲。ご馳走様でした。

ちなみに信越食品グループのメニューをHPで確認すると、値段はゆで太郎システムグループと一緒ですね。そりゃ、同じ看板だから一緒ですよね(爆)

パーフェクトゆで太リアンへの道はまだまだ遠い...
http://supleks.jp/community/view/3/thread/366

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 11件

「ちく天カレー(¥780)」@手打ちうどん 吉野の写真そばでもちく天!

先日コチラ「手打ちうどん 吉野」で頂いた「親子うどん」と「ちく天」が美味しかったので、本日はそばをトライ!そばでもちく天と言うことで、「ちく天カレーそば」を頂いて参りました。

ランチタイムのお店は大忙し。近隣サラリーマンでごった返しております。それほどの人気のお店です。女性店員さもテキパキとお客さんを捌かれております。

さて「ちく天カレーそば」。ちく天が大胆に刺さっております。先ずはおダシを頂くと、カレーのおダシはシャバシャバ。後掛けじゃありません。まぁ、後掛けなんて立喰仕様のお店だけですかね。カレーにしてしまったので、おダシの香りは分かりませんが、熱々シャバシャバカレーのおダシはイイ塩梅です。辛味はマイルドです。

カレーのおダシには、タマネギ、長ネギがタップリと入れられ、シャリシャリの味わいがイイ塩梅です。スジ肉もちょいちょい入れられております。おそばは柔らかめ。そばの香りはカレーにスポイルされて分かりません。まぁ、柔らかい歯応えなので、大阪名物のコナモンメインだと思われます。

ちく天は熱々。極太、揚げ立てでイイ塩梅です。ハフハフと頂きます。最初のカリカリの歯応えがなんともイイ塩梅です。もちろんカレーのおダシを吸ってヤワヤワになったちく天もイイ塩梅です。もちろん完食。おダシもほ7割ほど頂いて、ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「ほうれん草(¥400)」@名代 富士そば 池袋東口店の写真大店の有難み!

池袋駅界隈には富士そばは3店舗もあります。本日はコチラ「名代 富士そば 池袋東口店」へ伺い、「ほうれん草」を頂いて参りました。

最近、荒天の影響か?葉物の野菜が高いんですよね。ほうれん草とか春菊が通常時の2倍位のお値段が付いております。それでも大店は大量仕入れにより安定供給出来るようですね。ほうれん草も春菊天もいつもの価格で提供されておりました。

さて「ほうれん草」。花鰹に隠れておりますが、しっかりと入っております。たっぷりのほうれん草、たっぷりのわかめ、たっぷりの花鰹。そしてたっぷりの伸び気味のそば... ランチタイムど真ん中の常茹で状態ですから、それほど伸びている訳ではないハズなのですが、スクランブル状態にあわせて、たっぷり茹で置きされていたのかも知れません。まさかおダシに投入して置いている訳じゃないですよね?まぁ、たまにはイイですけどw

おダシは変わらぬ富士そば品質。ファクトリーメイドですからね。塩分加減ライトながら、しっかりとしたカエシの味わいを感じさせるのは、何かミラクルを感じます。イエ、決して身体に良くないものが入っている訳ではありません。もちろん完食。おダシも半分ほど頂いて、ご馳走様でした!

やっぱりほうれん草は美味しですねぇ~ 東京12チャンネルで放映されていたマンガキッドボックスのポパイ・ザ・セーラーマンで育った世代にはほうれん草は欠かせません!ほうれん草の缶詰は見たことありませんがww

投稿 | コメント (2) | このお店へのレビュー: 1件

「たぬき(¥400)」@きそば かどやの写真閉店してません...

何時行ってもシャッターが閉まっていたコチラ「きそば かどや」。すっかり閉店されていると思っていたのですが、超時短営業されておりました。昼間僅か3時間のみの営業です。

お店は立会川駅から大井競馬場に向かう競馬場通りにあります。普段は警備員さんが山師をさばく交差点。本日は競馬開催日じゃないので、老いぼれ警備員さんは居ません。居ても何の役に立っているのか分かりませんが...

お店に入ると、数十年前の景色と変わらぬ店内。昭和からそのまま時計が止まっている?そんな古のお店です。もちろん店内は喫煙可能。近所の親父達が、食後ゆっくり紫煙を燻らせております。壁に貼られているメニューを見ると、もり・かけが¥350と立ち食いレベルの価格感。高くても¥500と超リーズナブル。本日は「たぬき」を頂くことにしました。

お店は女将さん一人で切り盛り。厨房が僅かに覗ける店内。一生懸命調理されております。おそばは生蕎麦とのことですが、確かに半生麺を茹でる時間じゃないですね。砂時計でおそばの茹で時間を計られておりますw

さて「たぬき」。先ずはおダシを頂くと、既製品な味わいはある種安定かも知れません。僅か3時間の営業のためにおダシを取って、カエシを寝かせているとは思えません。まぁ、間違いなしですね。おそばは茹でたてながら、女将さんは片付けも会計も全て一人でやられているので、大分放置されていた感があります。ちょっと伸びておりますが、まぁ、ご愛嬌って感じです。途中で七味を振って完食完飲。ご馳走様でした。

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「春菊かき揚げそば(¥390)」@阪神そばの写真おダシとそばのアンバランス!w

コチラのお店も鉄道会社気系列なのでしょうか?しかしながら尼崎(阪神)駅にしか無いので、チェーン店って訳じゃないんですかね?これから一斉拡大していくんですかね?!本当のところは分かりませんが... 本日はコチラ「阪神そば」へ伺い、券売機のポールポジションにある「春菊かき揚げそば」を頂いて参りました。

場所は尼崎(阪神)駅構内。尼崎駅って、JRと阪神の2つがあるのですが、その駅って、全然別のところにあるんですね(汗)JR福島と阪神の新福島程度の距離感かと勝手に思って行ったりすると大変な目にあいます(汗)バスで10分掛かる距離です...

閑話休題。さて「春菊かき揚げそば」。かき揚げは揚げ置き。シナっとしております。先ずはおダシを頂くと、おダシにこだわりのあるお店だけに、なかなかイイ塩梅の... の様な気がします。スタンディングの駅そばですから、そこまで有難味は分かりません(爆)うどんとそばは同じおダシですから、ちょっと中庸な味わいなのが、ある種残念です。関西でおそばは提供しなくてもイイじゃないかと...

おそばは半生麺。ボソボソの食感は立喰ならではと言う感じ。春菊のかき揚げは、春菊、タマネギ、ニンジンのかき揚げ、おダシの吸い上げはスゴイです。グングンおダシを吸います。おダシを吸った、かき揚げはグニャグニャ。イマイチ感は否めません、カウンターに柚子七味が置かれていたので、それをスパイシーにオン!完食完飲。ご馳走様でした!

さあ、これで鉄道会社系列は、東急、京急、JR、小田急、阪神と、色々制覇して参りましたが、気が付いてみれ阪急が無くなっているぞ!(驚)これは事件です!調査に行かなければ!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「げそ天(¥470)」@信州生そば みのがさ 本店の写真みのがさ全店制覇!

コチラ「信州生そば みのがさ 本店」は夜は居酒屋営業で、そばはランチタイムしか提供されておりません。そしてモーニングタイムも営業されておりません。故に個人的には非常にハードルの高いお店でした。本日はランチタイムで近くに来たので、チャンスとばかりに伺って参りました。

場所は岩本町。ヤマザキパンの本社のお膝元にお店はあります。ランチタイムは、おそばを提供しつつ、お弁当販売もされております。そして夜は居酒屋で近隣サラリーマン憩いの地となっているハズですから、超地域密着型兼業立喰そば屋と言う感じですかね。

お店は、壁に沿ってカウンター一線。その後方にはテーブルとは言えない、狭いカウンターがあります。よるはこのカウンターを囲んでビールを手向けている姿が見えます。早めのランチタイムだったので、カウンター席に空きがありました。春菊天を頂こうかと思ったのですが、いつも一緒じゃ芸がないのでと、「げそ天」を頂くことにしました。それもいつも一緒か(爆)

さて「げそ天」。オペレーションを見ていると、丁度お蕎麦が茹で上がったタイミングだった様で、茹でたて提供ラッキーですね。天ぷらは揚げ置きですが、まぁ、お弁当の調理と一緒に、先程揚げたばかりのモノでしょうから文句はありませんw わかめとねぎもタップリとトッピングされて配膳。おダシがもうもうと湯気を上げております。

先ずはおダシを頂くと、カツオのフレーバーはイイですね。立喰でも手抜きは無しと言う感じです。カエシはちょっと甘め。これが信州デフォのおダシの味わいですかね。個人的には、ちょっと甘すぎるなぁと言う感じです。まぁ、自分のベースラインがゆで太郎ですから、致し方なしですよねw

おそばはシャキシャキ茹でたて提供ですからイイ塩梅です。ゲソ天はぶつ切りされたものがかき揚げ状で揚げられて提供です。個人的には、ぶつ切りされていないゲソ天を、一生懸命歯で噛み切って頂くのが好きなのですが、まぁ、食べやすいのは、ぶつ切りかき揚げですよね。でもこの場合、ちゃんとサルベージしないと、おダシの中にぶつ切りゲソが落ちている時がありそうなので、きっちりサルベージするか、おダシ完飲が必要です。自分は入念にサルベージして完食。ご馳走様でした!

みのがさ総本山制覇で全店制覇!と言っても、3店舗しかありませんが(爆)ヤマザキパンのお膝元ですから、コラボしてランチパックそばとか、ダブルソフトそばとか提供されれば面白いですが、lose-loseになっちゃいますかね?(爆)

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

「天ぷら(¥330)」@都そば 福島店の写真大阪立喰そばベースライン!

本日はコチラ「都そば 福島店」へ伺い「天ぷら」を頂いて参りました。

場所は福島。大阪環状線内回りで大阪駅から一駅目の福島駅から、JR東西線の新福島駅へ向かう道の丁度中間地点にお店はあります。

余談ですが、JR新福島駅と阪神福島駅は何故繋がってないのでしょうか?両駅共に国道2号線の地下に沿って並ぶ様にありますが、それぞれが浄正橋交差点に出入口があるので、乗り換える場合、一度外に出て横断歩道を渡らなければなりません。まぁ、需要が無い!と言われれば、確かに!って言うだけですが(爆)

お店はおばあちゃん女将一人で切り盛り。テキパキとお仕事を熟されている感じです。コチラのお店はうどんもそばも半生麺。個包装されているので、都度開封してお湯の中に投入されております。お店で天ぷらを揚げることは無く、セントラルキッチンで作られたものが各お店に配達されております。そういう意味ではおダシもきっとセントラルキッチンメイドなんだと思われます。もしかして、おばあちゃん女将もセントラルキッチンメイド?!w

さて「天ぷら」。七味はセルフで振ったものです。青々としたネギがイイ塩梅です。先ずはおダシを頂こうとどんぶりを持ち上げると、これがメッチャ熱い。猫手な自分にはなかなかの苦行です(汗)故に最初にお冷やで指を冷やして、どんぶり抱えてズズズズっと。薄口醤油のおダシは美味いですよねぇ。コチラのお店はうどんとそばでおダシを替えることはありませんので、これがベースラインのおダシの旨味です。間違いありません!

天ぷらは、ほぼほぼ衣、干し海老が5~6尾入っているだけで、あとはつなぎなので、おダシを吸うとボロボロと崩れて、お箸ではすくえなくなります。おダシを吸った衣は美味しいですが、慎重に持ち上げないと崩れて持ち上がらないのが難点ですw 崩れて落ちた干し海老はおダシに沈んでいきますので、後でしっかりサルベージする必要があります。

お蕎麦は中細ストレート。小麦が八の二八そばと言う感じ。故に蕎麦の香りなんかしませんが、それはコチラの1杯に求めてはイケないものですw もちろん完食完飲。ご馳走様でした!

投稿 | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件