なんとかデータベースラーメンカレーチャーハンぎょうざうどんそば
 

「せいろ(大盛+220円) 950円」@一玄の写真平日の13時半前に到着。昼夜来店客の出入りを見かける同店にこの度来店。この時間であるが数組が食事をしており、右奥のカウンターに案内され着席。カウンター席であるがかなり重さのある椅子である。メニューを見るとランチのみっぽい差し込みメニューがあったが、初訪にて掲題のメニューをオーダー。この業態であるが、BGMはジャズが流れていた。

出てきた蕎麦は思いの他ボリュームがあるように見えるビジュアルで、この業態だととかく大盛でもがっかりするボリュームに何度が出会ったが、こちらのお店のボリュームには納得ができた。蕎麦をそのまま食べてみると、スルスルとしたのどごしに蕎麦本来の風味があって美味しい!確かメニューに二八と書いてあったと思うが、食感にそれがしっかり出ていて、それが旨さに繋がっているのだと思った。そして蕎麦の量にも満足感があった。つゆにつけて食べてみると、蕎麦につゆがしっかりと絡んで美味しい。つゆは鰹出汁が効いているが、どちらかというとカエシ・醤油の味わいが強い。濃いめのつゆで、半分位蕎麦をつけて食べると丁度良い味わいになった。食べ進めると何となくではあるが、美味しさはあるものの一体感は感じられなかった。薬味は輪切りねぎと山葵で、ねぎは新鮮さがあって存在感があった。山葵は本山葵のみではないかと思った。蕎麦湯は湯桶で持ってこられ、濃くも薄くもない仕様。ややぬるめではあるが美味しく飲むことができた。

蕎麦ののどごしと風味があって、しっかりとしたコシも旨さに繋がっていると思った。薬味もクオリティが高く、山葵は揮発性の辛さがギリ抜けていないのが好印象であった。つゆも関東風を表現した味わいであった。そして食べ進める毎に蕎麦は蕎麦、つゆはつゆ、薬味は薬味とそれぞれで美味しいという味わいに最後まで感じられた。自分のコンディションのせいかなあ・・・。次回は天付で蕎麦を食べてみようと思う。

投稿(更新) | コメント (0) | このお店へのレビュー: 1件

コメント

まだコメントがありません。